オープン9時30分最終受付17時【月曜定休】ご予約は、下記の3つの手段からお願いします。

大阪・上本町の美容室・美容院くせ毛・白髪の悩み解決が評判の髪質改善専門店リュノン

<<ご予約はこちら

40代女性の白髪染め美容院で聞きたい7個の質問疑問とは

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
生年月日1983年生まれ 美容師歴15年 そこそこ優しい男です!
詳しいプロフィールはこちら

【白髪染め】と聞くとなんか嫌だな〜痛むな〜まだおしゃれ染めしたいけど。。。
など白髪染めに対して【嫌】って感情をお持ちの女性が多いのではないでしょうか?
その嫌と思うのには、痛む・色が暗くなる・白髪染めってワードが嫌い・周りに言いたくない・など色々な感情が湧いてくるのではないでしょうか?

当美容院としてなるべく白髪染めに対しての抵抗感を無くして頂きたいのでお客様からよく聞かれえる質問を7個選出してお答えいたします。

1・白髪染めとオシャレ染め何が違うの?

この質問は僕が美容師になった時からよく聞からます。

白髪染めとオシャレ染め何が違うの?
これについての答えは、基本構造は、ほぼ一緒でお薬の中に入っている色素量の違いです。

白髪とは白い色で本来髪の毛の中にメラニン色素と言われている色素(生まれながらもってる黒・茶)が無い状態の髪の毛です。

その白髪を染めるには白を暗い茶・黒・茶などに染めるためにたくさんの色素が入ります。

一方オシャレ染めでは生まれながらの黒髪を茶色く見せるのと、以前カラーした事のある中間〜毛先付近の茶色の髪の毛を明るく、や暗く染めるなど、カラーをスタートする時の色が違います、髪の毛を明るく見せたい時によく使います、その他明るく色味を見せたいなど、色素がたくさんあると明るく見えませんので色素の量が少なめです。

【色素量】この違いが白髪染めとオシャレ染めの大きな違いです。

後簡単にまとめるとオシャレ染めも白髪染めもほぼ一緒、白髪を完璧に染めたければ暗くなるし、明るくすればするほど色素量が少なくなる為、白髪が完全には染まりにくくなります。これを踏まえて美容師さんと相談して明るくして白髪をごまかすのか、完璧に白髪を染めるために暗い色を選択するのかを決めれば良いかなと思います。

2・白髪染め・おしゃれ染めでの髪の毛の痛みは?

よく白髪染めオーガニックだから大丈夫 白髪染め低アルカリだから大丈夫 白髪染めもイ◯○○カラーだから大丈夫 コラーゲン・水素配合白髪染めカラーだから大丈夫。

など、〜〜だから大丈夫って表現がありますが上記全て、絶対にカラーをしたら髪の毛痛みます。

これ本当!!

注意
ヘアマニュキア・ヘナカラーなどのジアミンやアルカリフリーの薬剤は上記に入れてません、あくまでアルカリカラーでの話です。

アルカリカラーとは黒色の髪の毛を茶色くできる力を持ったカラーの薬

大丈夫なわけがない。。。。

痛まない白髪染め・おしゃれ染などありません!!

ただ痛みを優しく痛みを少なく白髪染めなどは可能です!ではどうすれば良いのか?

まず白髪染めもカラーリングのお薬ですのでアルカリ剤過酸化水素などの化学物質が入っています、

主にこの【アルカリ剤・過酸化水素が髪を痛める代表的な成分です、これはオーガニック系白髪染めとうたっているカラー剤でもだいたい入っています。

この2つの成分を施術終盤にかけて極力除去してあげる、そして毛髪の安定する弱酸性域までなるべく戻して上げる。

その他気をつけることは、美容師側のことになりますが白髪染めする時のパワーコントロール

白髪染めをする時の毛髪の診断などしっかりして必要以上に髪の毛に負担の無いように薬剤の塗り分けです。

髪の毛の長さによりますが基本髪の毛の根元・中間・毛先と髪の毛の状態は違います、色の退色過程も違ってきます。

なので塗り分けしながら髪の毛の元気さ度合いや退色度合いなど見ながら、その日する白髪染めをすれば良いかなと思います。

そして最後にお客様側のことになりますが基本明るさを求めたカラーリング・白髪染め、明るさを求めれば絶対に痛みます。

これは仕方がないのですが本当なのです。なので基本痛みを感じたくない方は、暗い色選択もしくは染めないが答えです。

なので明るくすれば痛むけど、仲良く髪の毛と付き合っていきたい方は明るくしてもいいかなと思います。

その仲良くはまた書きます。もしくはお店に来て聞いてください(^ ^)

3・白髪染め・おしゃれ染の色持ちを良くするには?

おしゃれ染や白髪染めで美容院から帰って数日で色が落ちたと悩んで当店に初めて来られる方がよく来ます。

どのくらいの色落ちで、何日後に元に戻って、カラーをする前の状態がどうだったのか?

などいろいろ状況によってなんとも言えないのですが。

3−1薬剤の規定タイムをしっかり時間を置いてあげる。

おしゃれ染・白髪染めの施術中のカラー剤をお客様の髪の毛に塗った後30分!は絶対に置かなければなりません!!おしゃれ染・白髪染めのお薬にもよりますが大体のお薬が、完全発色時間という時間がありまして、その完全発色時間が30分で記載されています。

この時間をしっかり守ってあげれば結構色もちがよくなります。

3−2薬剤の残留をさせないようにする。

美容院でできる色もちを良くする方法は、カラー剤・白髪染めに含まれている残留物(過酸化水素・アルカリ剤)をなるべく取り除いてあげることです。

下記の写真↓が残留物処理剤!

3−3お店選びが大事

美容院にもよりますが完全発色時間を短縮したり、残留物を取らなかったりするお店もよくあります、そのようなお店でしたら白髪染め・おしゃれ染の色もちも悪かったりすることがよくありす!

補足
お店のコンセプトなどにより髪の毛に対してどこを重要視するかで色々変わってきます【スピード重視・カラーの色重視・とりあえずおしゃれ重視・ヘアデザイン重視・パーマ重視・ファミレスみたいになんでもメニューあるよ重視など美容院にも色々ジャンルがあると思って頂けましたら良いです。髪の毛を大切に的なコンセプトのお店は大体上記のことをしてくれると思います。自分が何を重要視するか?でお店選びして頂けたらいいです。

3−4明るすぎる色は避けたほうが色持ちもよくなる

お客様側の原因であげるとしたら、ブリーチやそこそこ明るい色をすることが多い方はすぐ取れます(1週間ほど)、カラー剤や白髪染めの薬の原理ですが髪の毛を一度明るくしたら、明るくしたところがその明るさに戻ろうとします。これは仕方がありませ

ん。。。なのであまり過度に明るさを求めれば色落ちを妥協する他ありません。。。

3−5家でのヘアケアはかなり大事

、ご自宅での髪の毛のケアですね、主にシャンプー!!!これ結構大事です。毎日シャンプーする、このシャンプーこそが色をとるのです。洗浄力が高い商品ほど早く色取れます、洗浄力の優しい商品ほど色が長持ちします。

大体洗浄力が強い商品ほど値段が安く、洗浄力の優しい商品ほど値段が高いです。これは仕方がないらしいです、シャンプーの【洗う】成分で優しく洗うがコストがかかるらしいです、安くするとメーカーが倒産してしまうかもです。

なので髪の毛に価値を抱いている方はその値段を出しましょう!!化粧品も良いのは高い値段でしょ?一緒でしょうね。コスパを求めて安い方に行けば、安いなりの質になります。良いものは高いですからね。

補足
高い値段出せば大丈夫!ではないのですが、ドラッグストアよりかは値段が上がってしまうのは仕方がないと思います。シャンプー選びも難しいですからね。。。シャンプーの話はまた今度します。

シャンプーに限らず良いものは高いでしょ??なので髪の毛に価値を感じているのならば必要な出費です!

辛口ですみません、、、いつもは甘口です(笑)

その他細かく言えばありますが、それはお店に来て聞いてください(^ ^)

4・白髪染めは明るくできるの?

白髪染めで明るくしたい!この質問や要望は上記に記載の「白髪染めとオシャレ染め」でも記載しましたが明るさを求めれば求めるほど白髪を染めるのが難しくなります。

暗ければ暗い色を選択していただければしっかり染まります。下の写真が答えになります。

極論になってしまいます、ただあくまでしっかり白髪を100%に近いくらい染めたい場合です。

なのでごまかしたい!馴染ませたい!などある程度染まってくれて、目立たなければいいわ!って方でしたら方法などはあります(^ ^)

4−1髪色全て明るめにして白髪を馴染ます方法

まず単純に明るくすれば髪の毛が明るくなります、白髪って白色なので明るいですよね?黒髪が明るくなれば白髪との

明度差が縮まり馴染みます。

下の写真↓暗い色(黒)と明るい色(白)を並べれば極端なので気になりますが、

下の写真少し明るい色や明るい色(茶色もしくは金髪)と明るい色(白)が並べば少し馴染みますよね?

 

なので明るさを求めれば白髪の染まりは、悪いかもしれませんが馴染んでは来ます

なので馴染ますならある程度可能かなと思います。

写真くらいなら↓馴染みます!!

 

あとはお客様自身で明るくして見て、白髪の染まりが気なるのか?気にならないのか?での判断になります。

なので一度やって見てどうだったのか!気になるようなら担当の方に相談して次回の作戦を導きましょう(^ ^)

一回の施術で100点は無理です相談して二人三脚で答えを探してください!

4−1部分的におしゃれ染と白髪染めの薬を変えて馴染ます方法も

30代〜40代の白髪出始め世代の方に多いのですが、部分的に白髪が多い悩みの方には、その白髪が多いところだけを白髪染めその他はおしゃれ染めのお薬を施術する方法もあったりします。

前髪の生え際だけ密集多い・てっぺんの見えるところに密集して多い・など円形脱毛ではないですがそのくらいの範囲だけが白髪が多い場合はその白髪の多いところだけ白髪染めのお薬を使いその他はオシャレ染めを使うみたいにしてあげれば結構良い感じにできたりします。

密集している白髪のとこだけを黒に近いぐらいにしてもローライトっぽく見えたりして結構いい感じになったりするので僕はよくします。

結構いいですよ〜!!

5・白髪の原因・予防方法はあるの?

現在2018年の時点で僕が得た情報の中では白髪の原因は、ストレス・不規則な生活・不眠・栄養不足・遺伝性・血行不良・が主に挙げられています。

遺伝性を除けば今の日本の社会人にはみんなありがち。。。

規則正しい生活を心がけて、栄養バランスの良い食事をとり、適度な運動をして、しっかり寝る!

単純で難しい。。。

解決するかわかりませんが!

5−1・規則正しい食生活と運動!

意識次第である程度できるかも。。。。お仕事柄難しい方もいらしゃいますが、自分の時間管理能力の向上でできる方も多いかも?無理かな。。。(;_;)社会人・主婦大変やからな。。。諦めずに!!!

栄養バランスのとれた食事!最近では栄養バランスを考えた弁当の配達や食材と献立の配達などがあったりしますのである程度それでいけるかな。。。。。?サプリもありますし。【効くかわからないが。。。】

適度な運動も最近では24時間ジムなどもあり便利ですので活用すればそこそこ解決できる世の中かもしれません。ストレス性の白髪は上記で抑制できるかも、が現代わかってる事らしいです。

あと老化からの白髪は抗酸化力(老化防止)のある商品も使わないより使った方が良いかも?食品・シャンプー・美容液など抗酸化力のあるものも増えてきています。

注意
食品以外の抗酸化商品は効果は正直なんとも言えない感じ。。使わないよりか使った方が、ぐらいで思った方がいいかも。検証のしようが無い気がするのです。ある特定の商品を使った2年後使わなかった2年後なんて検証できませんからね。。。年齢重ねるし。。希望を持って使うで思ってください。

なので気休め程度とおもわずに、全部すぐ実践できることばかりです、すぐにでも取り掛かって辞めずに継続し習慣化してしまえば髪の毛だけでなくお身体そのものがよくなりポジティブになれるはず!!

僕は30歳を過ぎてから食事も納豆・野菜・ヨーグルト・トマトジュースなどを意識して取るようになり男のくせに、高いシャンプー使い・妻の化粧水もつけて継続してます。笑

効果などはわかりません!大事なのは継続ですからね!10年後20年後に答えが出ると思います!うちの従業員の藤本くんは15歳の時から肌のお手入れをしっかりしていたおかげで(肌がブツブツでコンプレックスだったらしいです。)今年32歳になりますが常に25歳前後に見られています(ずるい!!)!確実に継続した結果だと思います。

継続すれば老化を遅らせることができるのです!!自分も10年後20年ごの未来に若く見られるように頑張っています!!笑

6・白髪を抜くと増える?

これに関しての質問もよくあります。これの答えは確実に増えるとは根拠があるわけではありません!なのでわかりません。

ですが髪の毛を抜く行為、その行為自体よくありません。髪の毛を抜くと頭皮に負担を与えて頭皮が弱ってしまう可能せがあります

頭皮が刺激を受けて毛根にダメージを与えてそこから髪の毛が生えてこなくなることもあります、この行為が原因でお客様で昔から前髪に白髪が多くて、よく白髪を抜いていた、お客様が現在前髪の量が薄くなってしまい生えてこないと悩んでいる50代〜のお客様で何人も見てきました

白髪を抜いていた事以外にも原因があるかもしれませんが、確実に抜いていたのも原因の1つだと思います。生えてこなければどうしようもありません。

生えてさえいれば染めれば見栄えが良くなります。なので絶対に白髪を抜くは辞めてください!!!

7・毎回白髪染めは毛先まで染めると痛む?

はい!痛みます!なので毛先の色の退色が気になってから染めるが一番の理想かなと思います。

痛む事を気にし過ぎてリタッチ(根元染め)だけしかしない方もいらっしゃいますが、毛先の退色のせいで毛先がギラギラして黄色い感じになってくると痛んでいるように見えてしまいます。なので痛む事だけに気を取られ過ぎないようにしないと、見栄え(ビジュアル)もよくしてあげなければよく見えません!世の女性の方のほとんどは綺麗に見られたい!

この本質は、Yシャツありますよね?新品のYシャツだけどシワだらけ、使い古しのYシャツだけどクリーニングしてアイロンでビシッと決まってる、この二つ並べてどちらが見栄えが良いですか?

後者ですよね?

髪の毛も痛みだけを気にし過ぎて見栄えが悪くなるなら、多少の痛みがあっても綺麗に見えた方が気分よくお外歩けませんか?

なので綺麗に見せるってことも大事になっています!

当店ではリタッチの場合毛先の髪の毛にはタンパク質トリートメントを絶対に揉みこみ施術をしてダメージホールの穴埋めを行います。

毛先まで染める場合もなるべく傷ませないように施術します。

髪の毛の痛みと仲良く理解して付き合っていけばよく見せる事も可能です!

まとめ

おしゃれ染めと白髪染めの違いは色素染料の量の違い、で髪の痛みに関しては基本明るくすればするほど痛みが感じやすくなります。色持ちに関しては美容院でできるだけ正しい工程をしてあげればそこそこ色持ちもよくなります。(生えてきた髪の毛は無理ですよ!染めた形跡のある髪の毛!)白髪予防もできる事をしてあげれば将来的に変わるかもしれません、白髪を抜くと増えるに関してはわかりません!が答えですが頭皮にはかなりよく無いので抜くのは避けましょう!そしてなるべく毛先までは染めないようにして毛先のの色の退色が気になったら色を入れるように心がけましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
生年月日1983年生まれ 美容師歴15年 そこそこ優しい男です!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 美容師が伝えたい髪ブログ , 2018 All Rights Reserved.