オープン9時30分最終受付17時【月曜日定休日】

大阪天王寺上本町くせ毛白髪の悩み解決が評判髪質改善美容室

ご予約はこちら

髪が痛まない白髪染めを目指す大阪の髪質改善専門美容院のこだわり!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
生年月日1983年生まれ 美容師歴15年 そこそこ優しい男です!
詳しいプロフィールはこちら

あー白髪染めし出して最近髪の毛が、乾燥?

やっぱり痛むのかなぁ〜。。.

おしゃれ染めの時より染める回数も増えてる気がするし。

どこか髪の毛に優しく痛まないように白髪染めしてくれないかなぁ〜。。。

このようなお悩みを持っているのではないでしょうか?

今回はなるべく髪の毛を痛まないように白髪染めできないのか?について書いて行きますね^_^

髪の毛が痛まない白髪染めできるのか?

回答:正直痛まないは無理です。。。

ですが限界まで痛まないように白髪染めする事はできます。

【特殊なヘアマニキュア・ヘナなどを除く】

「じゃあ、特殊なヘアマニキュア・ヘナを使ったほうが傷まなくできるんじゃない?」って思うかもしれませんが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ちょっとだけ説明させてください。

ヘアカラーの2つの種類

白髪染めの種類について比較する前に、ヘアカラーについてわかりやすく大きく2つに分けました。他にも種類があるのですが、だいたいこの2種類に分けられます。

  1. アルカリカラー
  2. 特殊マニキュアカラー・ヘナ

この2種類の特徴を以下にまとめました。

1.アルカリカラーの特徴2.特殊マニキュアカラー・ヘナカラーの特徴
ジアミンアレルギー対応についてジアミンアレルギーの方はできないジアミンアレルギーの方でもできる
どこで使われている?
ヘアカラーの名前など
一般的な美容室・市販の白髪染め・おしゃれ染・流行ってるカラーリングの名前ほとんどがアルカリカラー
(イルミナ・アディクシー・アプリエ・スロー)
マニキュア・ヘナカラー・カラーバター・マニックパニックなど
ヘアカラーの傷みについて髪の傷みがある髪の傷みがほぼ無い
ヘアカラーの明るさについて髪の毛を明るくできる髪の毛を明るくできない

ここまでだけ見てみると、傷まない白髪染めには、特殊マニキュアカラー・ヘナカラーを選んだほうがいいかも?と思うかもしれませんが、少し待ってください。

以下、今度は、白髪染めの種類ごとにメリット&デメリットをまとめてみました。

4種類の白髪染めの方法とそれぞれの種類のメリット・デメリット

白髪染めについては、大きく4つに分けさせてください。(ちゃっかり当店についてアピールしています!)

種類メリットデメリット
1.一般的な美容室での白髪染め色むらなく染まる。安価な店はダメージ抑制する為の
薬剤をあまり使わない。
キャッチコピーだけ良いこと書いてる安価な店は多い。
その日カラーが綺麗に染まればOK
で後のことは見ないふりの安価な店も多い。
2.髪質改善専門店の当店での白髪染め色むらなく染まる。
ダメージをかなり抑えて
傷みを感じにくい。
髪の毛を痛めない為の薬を使い
しっかり工程に時間をかけるので時間が長い。
少し相場より値段が高いと言われる
[適正価格だと思うのに…(°_°)]
3.特殊・ヘナカラー マニキュアカラー髪の傷みがほぼ無い
ジアミンアレルギー体質の方ができる
髪の毛を明るくできない。
カラーの色味チェンジがしにくい。
取扱店が少ない
4.市販カラー安い
ドラッグストアで売ってる
とにかく痛む。
後々カラー・パーマのトラブルになる。
美容室の施術でトラブルがある方の
ほとんどが市販カラーをしている

ということで、まずはこれを踏まえて白髪染めの種類を選んでもらえたらと思います!

以下からは、白髪染めの傷みについてもう少し詳しく説明していきます。よかったらあなたの髪の健康のためにも勉強になるので読んでみてください。

白髪染めはなぜ?痛むのか?

まず白髪染めが痛む理由から、お応えいたします。

白髪染めだけが凄く痛むわけではありませんが、

白髪染めの方がオシャレ染めより、少しパワーが強いと思ってください。

オシャレ染めは、黒髪を目的の髪の明るさ色味にするだけなのですが、白髪染めは、白髪と黒髪を同じ明るさ色味にしないといけないのです。

染める髪の毛
   

・黒髪→1色を目的の色

・白髪と黒髪→2色を目的の色

白黒の2色の色違いを一色にする為に薬剤のパワーそのものを少し強くする必要があるのです。

そのパワーの元となる成分【アルカリ剤過酸化水素】主にこの2つの成分の量や濃度などが増えるとパワーが上がるのですが髪の毛に負担を与えます。

白髪染めの髪の痛みは染めた後数日続いている

白髪染めでのダメージ、髪の痛みは白髪を染めてるときだけではなく、実際はしばらく傷み続けてるのです。

白髪染めの薬剤残留成分がしばらく髪に残ってる

先程のアルカリ剤・過酸化水素【残留成分】が髪の毛にしばらく残ってしまうのです。

ヘアカラーのパワーを上げれば、その分髪の毛に残留成分残り髪のダメージ、痛みになります。

白髪染めで髪の毛が痛むタイミングは2つ

①美容室で白髪染めの薬を塗って、髪の毛が染まるまで薬剤がついてる時間。

②白髪染め後家に帰って白髪染めの薬剤の残留成分が髪の毛にら残って自然に流れ出るまでの数週間。

細かく書けば他にもありますが、今回はこの2つがメインですので2つでお話しをすすめますね♪

上記の①②をできるだけ抑える事が髪の痛みを少なくするのに重要になってきます!

美容室での白髪染めの薬剤塗布後の痛みを和らげるには。

白髪めの薬剤を塗る前に、当店では前処理工程【薬剤に耐えれるように髪の毛を一時的に元気にしてコンディションを事前に上げておく】をします。

前処理のこだわり

①デトックス剤で残留シリコンポリマー除去

髪の毛を1度デトックス剤を使用して素髪の状態にして、カラー剤・栄養剤の薬剤の浸透をよくします。

②アルカリシャンプーで髪の毛が染まりやすい状態に。

アルカシャンプーを使用する事で、上記でデトックスしきれなかった残留シリコンポリマーなどをしっかり除去、そして髪の毛の負担を抑えながら優しくし髪をアルカリ性にしてキューティクルを優しく開きます。

③さらにアルカリイオン水、水の力で髪のキューティクルを開き薬剤の浸透しやすい状態に!

薬剤が浸透しやすい状態にする事で、白髪染めの薬剤を規定タイムで流す事ができます

規定タイム以上カラー剤を置く事で痛みになります!なので規定タイム内でしっかり染め上げる事

が重要です!

規定タイムより早く白髪染めの薬を流すのもNGです!色落ちが早くなってしまいますからね!

④髪の毛のダメージホール、髪の空洞箇所を高品質な栄養分で埋めてる。

髪の毛の空洞化した所【ダメージホール】がさらに穴が広がって髪が傷んだりしないように!

そして白髪染めのお薬、オシャレ染めの薬もそうですがカラー剤は基本健康毛を対象に作られている事が多いので髪の毛を健康毛の状態にする事で染まりやすく、必要以上に髪を痛めないようにできます!

上記の事をしてから白髪染めの薬剤塗布量に入る事で、カラー剤や白髪染めの薬が髪についてる時の痛みを抑える事ができます。

白髪染め後の家に帰ってカラー剤の残留成分による痛みを抑えるには?

当店ではアルカリ剤・過酸化水素の薬剤をなるべく除去する工程をカラーリングや白髪染めの工程に入れております。

残留物なるべく除去方法

①過酸化水素除去方法

少し難しい言葉が出ますがサラッと読んでください(*_*)

ヘマチン・カタラーゼなどの成分をシャンプー前シャンプー後に使い過酸化水素をしっかり除去します。

②アルカリ剤除去

を使用してアルカリ状態の髪の毛を弱酸性状態に中和して行きます。

髪の毛は弱酸性状態が1番安定してコンディションがいいと言われています。

自宅に帰ってからの白髪染めの痛みを限りなく抑える工程を入れる事で、艶感やしっとり感など触り心地のよい状態を維持する事ができます!

白髪染め施術中の頭皮にも気を使ってしている事

・薬剤からの皮膚刺激があるお客様には頭皮ガードクリームを使い、皮膚を守って施術をしております!
【注意】ジアミンアレルギー対応ではありません!!

・白髪染めの薬剤をつけるとアルカリ剤の影響で頭皮が乾燥しやすくなりますのでシャンプー前後にヒアルロン酸等で頭皮保湿工程を挟む事で頭皮の乾燥を防ぎます!
・高品質な低分子ケラチンシャンプーを使用しております!【髪の毛をケラチンでできている】とよく毛髪化学の本などに記載されてるのですが、そのケラチン配合の商品で洗う事で、頭皮コンディションをよくします!
低分子ケラチン効果
  1. ・抗酸化効果
  2. ・頭皮の柔軟化
  3. ・頭皮の血行促進効果 

めっちゃええもの使ってるんですよ✌︎(‘ω’✌︎ )

白髪染め後に家でお客様にして欲しい事

お店でなるべく、残留成分などを除去をしてますが、100%除去できてるわけでは無く多少残ります!

家に帰って日々シャンプーする毎に、自然に残留成分は取れていきますから、心配はしなくて大丈夫なのですが。

多少でも残ってる数日間は髪の毛が不安定な状態になりやすいのです。

白髪染め後の安定した状態を保つ為にも、出来る限り良いシャンプー・トリートメント・洗い流さないトリートメントを使ってください。

当店の商品を絶対使わないと駄目ってわけでははありませんが、なるべく髪に優しい商品を使って髪の毛をいたわってあげてください^_^

できたら当店の商品使ってくださいね♬笑笑♪(´ε` )

白髪染めの痛みを抑える方法まとめ

オシャレ染めに比べて白髪染めは比較的痛みやすい、その理由は薬剤パワーがオシャレ染めより強い!パワーの原因物質のアルカリ剤・過酸化水素剤の髪の毛から除去を頑張る事が髪の痛みを抑える方法!残留成分除去工程を白髪染め技術工程に入れて髪の毛をいたわることが大事!

ご自宅でのヘアケアの参考に

大阪で白髪染めを優しくしてほしい女性の方は是非当店にきてみてください!♪

〒543−0001

大阪市天王寺区上本町9丁目3−32町ビル2階

髪質改善専門美容室Ryunon

最寄駅

谷町筋線 四天王寺前夕日ヶ丘駅 徒歩7分

近鉄線 上本町駅 徒歩10分

JR環状線 桃谷駅  徒歩10分

【アレルギー対応はしてませんので申し訳ございません】

アレルギーがありでもカラーリングしたい方はこちら

アレルギーがある方で大阪でカラーリングや白髪染めに関して悩まれてる女性は【あっくん】のところに行って見てください!!

美容師の中で有名で僕もかなり尊敬してます【あっくん】是非相談してみてください!リンク貼っときますね!

アレルギーの方はクリック♪↓

この記事を書いている人 - WRITER -
生年月日1983年生まれ 美容師歴15年 そこそこ優しい男です!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 【髪質改善】美容師が伝える髪ブログ , 2021 All Rights Reserved.