オープン9時30分最終受付17時【月曜日定休日】

大阪・上本町の美容室・美容院くせ毛・白髪の悩み解決が評判の髪質改善専門店リュノン

<<ご予約はこちら

家で使うトリートメントの種類どれを使っていいかわかりません!オイル?ミルク?ミスト?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
生年月日1983年生まれ 美容師歴15年 そこそこ優しい男です!
詳しいプロフィールはこちら

質問・家で使うトリートメントの種類どれを使っていいかわかりません!オイル?ミルク?ミスト?

今回の質問は年齢により髪の毛の痛みや髪質の変化で悩んで、当店にご来店して頂きましたご新規のお客様N様の質問です。

初めて来たお客様はまずしっかりカウンセリングで髪の毛の施術履歴などお聞きし悩み・扱いずらい所・今後どうしていきたいか?聞いているなかで。

今回の質問『家で使うトリートメントの種類どれを使っていいかわかりません!オイル?ミルク?ミスト?』

僕たち美容師でも商品がありすぎて、しかもメーカーさんから新商品の説明とかでわからないことが多いのも事実です。。。

最近僕が勉強して僕個人的な答えになってしまいますが。他の美容師さんだと答えが変わる可能性もあるけど。。僕なりの答えをいいます。

回答・基本ミストのみ!たりなければオイルかミルク!

ざっとした回答ですが。

まずトリートメントには種類が2つあります。

1・お風呂で使うトリートメント(洗い流すタイプ)

2・乾かす前に付けるタイプ(洗い流さないタイプ)

上記二つのトリートメントの種類があります。

痛みが少ない髪の毛のときはトリートメント(お風呂場の)はいらない?

まず大前提としてトリートメントが絶対に必要かどうかもかかわってきます。

髪の毛の傷みが気にならないベリーショート・ショートなどのカラーやパーマをしていない・もしくはあまりしてない髪の毛には、まずトーリーメントがいらないかもしれません。

なぜなら髪がほとんど傷んでないから!

痛みがほぼほぼない髪の毛にトリートメントつけても重たくなるだけですし、痛みの少ない所にトリートメントをつけると油類の吸着がよ過ぎてなかなか取れなくなる可能性もあり、いいことが少ない気がします。髪が痛む予防のためにトリートメントをつけるなら油類の無い保湿だけのミスト(洗い流さないタイプ)だけで十分予防になると思います。

痛みを感じ出したらお風呂場のトリートメントをつける習慣スタート

毛先がパサパサなど髪の毛に痛みを感じ出したら、お風呂場でのトリートメントをつける習慣を始めましょう。大事なのは痛みを感じる所だけを狙ってつける!痛みの感じないトップ付近の髪の毛にはいりませんからね。

その後は同じくミスト( 洗い流さないタイプ )で保湿で十分だと思います。ドライヤーで乾かした後、毛先がまだもう少しパサつきなどを何とかしたいと感じたらオイル・ミルクを検討すればいいかなと思います。

オイル・ミルク(洗い流さないタイプ)は油類がそこそこ多く入っている気がする。

オイル・ミルクなどの商品は油分が多く入っていることが多い気がします。メーカーさんにもよりますから、すべての商品とはいえませんが、だいたいが油多め。

付けるべき所は毛先の傷みを感じる所です、痛みを感じる所は油の吸着が悪くなっていますのでつけなければいけない所ですね。

まとめ

とりあえず髪の毛が痛んで無ければトリートメントをつけなくてもいいかも、痛みを感じ出したらお風呂場のトリートメントをつける習慣をスタートそして同時に保湿のミストで水分を補う!その二つのトリートメントとミストをつける習慣でも物足りなくなって来たらオイルかミルクをつけてあげればいいかなと思います。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
生年月日1983年生まれ 美容師歴15年 そこそこ優しい男です!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 美容師が伝えたい髪ブログ , 2019 All Rights Reserved.